クリアネイルショットの北の快適工房に問い合わせて感心したこと

クリアネイルショットの北の快適工房に問い合わせて感心したこと

問い合わせで大事なのは返答の早さ

henshin

2カ月ほどクリアネイルショットを使用して、ふとした疑問が2つ浮かびました。疑問の内容はこのブログで紹介していきますが、今回感心した点があったので紹介しますね。

些細なことかもしれませんが、
問い合わせに対する返答が早い
この点に感心しました。

問い合わせに返答を早くするのは当然じゃない?と思うかもしれませんが、ネット通販業界はまだまだこの点は未成熟だと思います。

今悩んでいるサプリメントの通販では

クリアネイルショットとは全く関係のない症状で、現在検討中のサプリメントがあるのですが、数社の商品を見て疑問に思った点をメールで送信しました。

メールというのがミソで、電話なら繋がったら相手は嫌でも返答します。メールは空いた時間に返信するという企業が多いので、どれくらいの顧客対応力があるかの判断材料となります。

土・日・祝日は企業が休みの場合が多いので、返信に要した日数にはカウントしません。あくまで平日で何日かかるかがポイントです。

現在問い合わせをしたサプリメントの会社で、メールの返信が早かったところで中3日。あり得ない遅さです。これじゃあ買う気にはなれません。返信がない企業もあります。

北の快適工房からメールの返信があったのは4時間半後。ダントツではありませんが、かなり早い方です。

質問を送信したのは月曜の午前中。金曜の夜、土曜、日曜に送られてくる問い合わせもあるので、それに対応した後だと思います。早いですよね。

toiawase

一部上場企業だからこその使命

元は私も一部上場企業で役職を頂いていました。顧客対応がとにかく優先で、私は在籍していませんでしたが通販事業部という部署は顧客対応に追われていました。

ネット通販は質問がしやすいので、問い合わせが多いそうです。起ち上がったばかりの事業部だったので、まだ採算はとれていませんでしたが、問い合わせに対応する為にオペレーターを増員していました。

疑問や悩みに迅速に対応する為です。一部上場企業だからというよりは、顧客対応をしっかりしていたから上場できたのでしょう。

正直、問い合わせに対する返信が遅い企業は、顧客優先ではありません。そういう企業はおそらく電話も繋がりにくいと思います。なぜなら人員を割いていないからです。

少ない顧客対応人員が電話の合間にメールを見るような対応ではないでしょうか。そう感じます。

北の快適工房は一部上場企業が運営しています。さすがに顧客対応がしっかりしていました。

通販は顧客対応の早い企業を選ぶべき

通販は顧客対応の早い企業を選ぶべきと私は思いました。返事が来るのは商品に対する自信の表れでもあります。

少し難しい(かなり調べないといけないような)質問には時間を要すると思いますし、タイミングの問題もあります。だから常に返信が早いというわけではないでしょう。

メールでの問い合わせは、1日くらいは余裕を見ておきましょう。めちゃくちゃ忙しいタイミングもありますからね。こちらも急いでいる時は電話を利用しましょう。

アドバイザーへのプレッシャー

返信が早い企業にはある共通点がありました。返信メールに「返信内容におけるアンケート」です。私達にとっては少し手間になるかもしれませんが、このアンケートはアドバイザーにとってはプレッシャーです。※アンケートがなくても返信が早い企業ももちろんあります。

だから返信も早くなるし、言葉使いも、返信内容も良くなります。もし北の快適工房にメールで質問して返答が遅かったら、報告しましょう。それが企業のレベルアップに繋がりますし、私達に還元されます。

そう言えば、楽天も同じくアンケートが付いていました。

今回はクリアネイルショットの内容ではなく、北の快適工房って大丈夫かなぁと思っている方への参考になればと思い記事にしました。参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする